ケーススタディ

2020.06.16更新

【ご相談の内容等】

 40代
 女性
 モノづくりを行う会社を経営している。

 ある会社から設備の借り入れを行ったところ,納得できない費用を請求されている。

 お互いに言い分があり,主張が水掛け論になってしまうので,間に入って交渉してほしい。

 

 


【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,相手会社と交渉のための準備を開始しました。
 まずは,従前の契約書や合意書の内容を確認しました。
 その結果,ご依頼者としても言い分はありつつも,民事訴訟になった場合の見通しは明るいものとはいえないことを把握しました。

 私は,相手会社に対し,民事訴訟に移行した場合には,争っていく意向を伝えつつも,民事訴訟前の交渉での解決を模索しました。

 支払金額はさることながら,支払方法(支払時期,一括・分割等)や担保の有無等も交渉材料となります。

 最終的に,相手会社の主張額から200万円以上減額した金額にて和解することができました。

 

 

 

【弁護士の一言】
 弁護士が間に入り交渉を行う場合,これまでの経験を踏まえ,支払金額,支払方法,担保の有無等の様々な点で交渉の余地があります。
 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士の木下正信までご相談ください。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.06.16更新

【ご相談の内容等】
 30代
 女性
 ある会社(相手会社)とアドバイザリー契約を締結していた。
 アドバイザリー契約を解消したところ,相手会社に,債務不履行を理由に報酬の返還を求められた。
 


【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,相手会社と交渉のための準備を開始しました。

 まずは,アドバイザリー契約の契約書を確認しました。

 具体的には,契約の解除事由や契約期間,そして,ご依頼者様に課せられた義務の内容等を確認しました。

 また,ご依頼者様に債務不履行の事実があったのかについて,丁寧に確認しました。

 その結果,ご依頼者様としては,契約書に基づき,適切に業務を遂行しており,債務不履行の事実は無い可能性が高いと考えられました。

 以上を踏まえ,私は,相手会社に対し,交渉を行いました。

 民事訴訟に移行した場合の見通し(ご依頼者様には債務不履行の事実は無く,報酬返還の理由は無いこと等)を伝えました。

 他方で,ご依頼者様の意向を踏まえ,民事訴訟に移行することなく,解決ができる場合には,解決金をお支払いする提案も併せて行いました。

 最終的に,民事訴訟に移行する前に,早期に和解することができました。


 


【弁護士の一言】

 弁護士が間に入り交渉を行う場合,民事訴訟に移行した場合の見通しを踏まえた交渉が可能です。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士の木下正信までご相談ください。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.06.11更新

【ご相談の内容等】

 40代
 女性
 ある男性の子を妊娠した。
 養育費の支払いを確保するため,公正証書の作成を行いたい。
 


【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,子の出生前から,相手方男性との交渉を開始しました。

 何度か相手方男性とお会いし,養育費額や支払終期等について,こちら側の考えを粘り強く伝えました。

 そして,無事,ご依頼者様は無事子を出産し,出産後間もなく,強制執行認諾文言付きの公正証書の作成(養育費額7万円,支払終期:大学等を卒業する年度の最終月まで)を行うことができました。

 


【弁護士の一言】
 当事務所では,男女問題・離婚問題の案件を多数扱っており,ノウハウも蓄積しております。

 養育費の支払いを確保するためには,先手先手で動くことが重要です。

 強制執行認諾文言付きの公正証書を作っておくことができれば,養育費の滞納が生じた場合,スムーズに強制執行手続きに入ることが可能です。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.05.22更新

【ご相談の内容等】

 20代
 男性
 職場の既婚女性と親密な関係になったところ,既婚女性の夫(相手方)から慰謝料の請求を受けた(相手方代理人から届いた内容証明郵便を持参)。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,相手方に対する回答書作成のための準備を行いました。
 また,私は,相手方との連絡窓口を法律事務所にするべく,取り急ぎ,受任通知書を相手方に郵送しました。
 さらに,私は,ご依頼者様と協議の上,相手方に対し,和解案の提示を行いました。

 和解案においては,事実として認める部分と認められない部分を峻別しつつ,類似裁判例を提示するなどしました。

 これに対し,相手方から対案を頂戴しました。

 そして,対案の内容をご依頼者様と検討し,相手方に対し,さらに和解案の提示を行いました。
 最終的に,ご依頼者様が,相手方に対し,慰謝料70万円を一括で支払うことに加え,職務上の必要性が無い限り相手方及び妻との接触禁止を禁止する条項等を合意内容に盛り込むことを提案しました。 

 ご依頼から解決まで2カ月以内のケースでした。



【弁護士の一言】
 弁護士にご依頼いただいた場合,周辺事情も含めて不貞行為に関するご事情の聴き取りを行い,回答・和解案の検討を行います。
 回答書においては,仮に,裁判に移行した場合に備えて,ご依頼者様に有利な一貫した主張を行います。
 そして,弁護士は,ご依頼者様が重視すること(例えば,金銭面なのか,裁判をしないで解決したいのかなど。)を確認した上で,相手方と交渉していきます。
 また,弁護士は,相手方との交渉においては,相手方の考えを探りながら,落としどころをご依頼者様と一緒に考えていきます。
 まずは,お気軽に横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.03.22更新

【ご相談の内容等】
 40代
 女性

 離婚を数年前にし,子どもの親権は元夫が取っている。

 養育費や面会交流のルールについて,改めて結び直したい。
 


 
【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様から事情の精確な聴き取りを行いました。

 その上で,受任通知書を元夫に送り,交渉を始めました。

 受任通知書の中では,こちら側の希望を記載するのは当然ですが,元夫が面会交流の実施に協力的であり感謝していること等の記載を行いました。

 また,和解案の中には,複数の選択肢を提示し,元夫側に選択の余地を残しました。

 元夫は多忙なため,なかなか連絡が取れず,交渉は難航しました。

 しかしながら,粘り強く交渉を続け,

 ご依頼者様が養育費として5000円を毎月支払うこと,また,細かい面会交流のルールについて記載をした合意書を取り交わすことに成功しました。

 ご依頼から解決まで2カ月以内のケースでした。

 



 【弁護士の一言】
  適切な妥結点を見極めて,強く主張するものは主張し,譲るべきものは譲り,最終的にご依頼者様の利益を最大化するのがプロの仕事です。

  まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.03.19更新

【ご相談の内容等】

 20代
 男性
 職場の既婚女性と親密な関係になったところ,既婚女性の夫(相手方)から慰謝料の請求を受けた。

 



【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,相手方に対する回答書作成のための準備を行いました。

 また,私は,相手方との連絡窓口を法律事務所にするべく,取り急ぎ,受任通知書を相手方に郵送しました。

 さらに,私は,ご依頼者様と協議の上,相手方に対し,和解案の提示を行いました。

 これに対し,相手方から対案を頂戴しました。そして,対案の内容をご依頼者様と検討し,相手方に対し,さらに和解案の提示を行いました。

 最終的に,ご依頼者様が,相手方に対し,慰謝料80万円を一括で支払うことに加え,職務上の必要性が無い限り相手方及び妻との接触禁止を禁止する条項等を合意内容に盛り込むことを提案しました。 

 

 ご依頼から解決まで1回月以内のケースでした。

 

 

【弁護士の一言】
 弁護士にご依頼いただいた場合,周辺事情も含めて不貞行為に関するご事情の聴き取りを行い,回答・和解案の検討を行います。

 回答書においては,仮に,裁判に移行した場合に備えて,ご依頼者様に有利な一貫した主張を行います。

 そして,弁護士は,ご依頼者様が重視すること(例えば,金銭面なのか,裁判をしないで解決したいのかなど。)を確認した上で,相手方と交渉していきます。

 また,弁護士は,相手方との交渉においては,相手方の考えを探りながら,落としどころをご依頼者様と一緒に考えていきます。
 
 まずは,お気軽に横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.03.19更新

 【ご相談の内容等】
 40代
 男性
 妻と不貞(浮気)した男性に対し,慰謝料を請求したい。
 妻と離婚するか否かについては未だ決めかねている。
 不貞相手(浮気相手)に対し,慰謝料を請求したい。
 一方で,私と妻の財布は共通なので,妻に対する求償請求は防ぎたい。
 


【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者のご意向を踏まえ,相手方に対し,電話を行い,交渉を開始しました。

 交渉は難航しましたが,最終的に,相手方が,ご依頼者様に対し,慰謝料150万円を支払うとともに,相手方は,ご依頼者様の奥様に対する求償権を放棄すること,正当な理由が無い限り接触を禁止すること,口外禁止とすることなどを合意し,和解書を取り交わすことができました。


 ※慰謝料額は150万円ですが,相手方の,ご依頼者様の奥様に対する求償請求を排除できたことで,ご依頼者様と奥様を経済的に一体としてみると,それ以上の価値があると評価することもできます。

 

 ご依頼を受けてから解決まで1カ月以内でした。



【弁護士の一言】
 当事務所では,男女問題・離婚問題の案件を多数扱っており,ノウハウも蓄積しております。
 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.02.26更新

【ご相談の内容等】
 40代
 男性
 職場の既婚女性と親密な関係になったところ,既婚女性の夫(相手方)から慰謝料300万円を請求された。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,相手方に対する回答書作成のための準備を行いました。


 また,私は,相手方との連絡窓口を法律事務所にするべく,取り急ぎ,受任通知書を相手方に郵送しました。
 

 私は,相手方との交渉においては,「相手方が何に対して怒りを感じているか」を探るように努め,相手方がその妻と離婚するつもりはないこと等のお話を聞き出すことに成功しました。

 そして,私は,相手方に対し,相手方夫妻が離婚しない場合の慰謝料の相場について,お話をしました。

 

 私は,ご依頼者様と相談の上,相手方に対し,慰謝料60万円を一括で支払うことに加え,妻に対する求償権を放棄すること,また,職務上の必要性が無い限り相手方の夫との接触禁止を禁止する条項やこの条項に違反した場合の違約金条項等を合意内容に盛り込むことを提案しました。 

 

 最終的に,裁判をせずに,相手方との間で和解が成立しました。

 


【弁護士の一言】
 弁護士にご依頼いただいた場合,周辺事情も含めて不貞行為に関するご事情の聴き取りを行い,回答を行います。


 回答書においては,仮に,裁判に移行した場合に備えて,ご依頼者様に有利な一貫した主張を行います。


 そして,弁護士は,ご依頼者様が重視すること(例えば,金銭面なのか,裁判をしないで解決したいのかなど。)を確認した上で,相手方と交渉していきます。


 また,弁護士は,相手方との交渉においては,相手方の考えを探りながら,和解案を検討します。
 
 まずは,お気軽に横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.02.26更新

 【ご相談の内容等】
 
30代

 女性(会社経営者)
 他の会社に,業務をアウトソーシング(業務)するにあたり,適式な業務委託契約書を取り交わしたい。

 


【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様から,契約の目的,業務委託内容,契約の方法,支払方法等について詳しくヒアリングを行いました。
  

 債権法改正に伴い,明確な目的規定を置く等,留意すべき点がございます。

 また,今回のアウトソーシングの内容からすれば,受託者が第三者に再委託をする可能性もあり得たため,その場合にトラブルが起きた際の責任関係を明確にする規定等も設けることにしました。

 ご依頼者様に有利な形で,条項の細かい内容を詰めていきました。

 最終的に,ご依頼者様に対し,ご依頼から1週間程度で業務委託契約書を納品しました。

 

 


 【弁護士の一言】
 トラブルとならないため,また,トラブルとなった時のために,適式な契約書が役に立つ場合がございます。
 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2020.01.28更新

【ご相談の内容等】
 50代
 男性
 交通事故に遭い,治療をある程度続けてきたが,未だに腰に痛みが残っている。

 適正な後遺障害の賠償を受けられるよう,保険会社と示談交渉を行ってほしい。



【ご依頼後の弁護士の対応】
 私は,ご依頼を受けた後,後遺障害の等級を獲得するため,被害者請求の準備を開始しました。
 ご依頼者様に対し,主治医が作成をする予定となっていた,後遺障害診断書作成に関するアドバイス等を行いました。

 また,私は,ご依頼者様から,腰の後遺障害の日常生活への支障の程度・内容等について聴き取りを行い,陳述書という書面にまとめました。

 さらに,私は,交通事故の状況から人体への物理的な衝撃度等も推測できることから,捜査機関作成の公的な資料(実況見分調書等)の取り付ける作業も行いました。
 以上,様々な資料を準備した上で,被害者請求を行いました。

 そうしたところ,後遺障害等級は11級という結果が出ました。

 その結果を踏まえ,私は,任意保険会社と示談交渉を行いました。

 私は,任意保険会社に対し,「治療費,通院交通費,着衣等損害,休業損害,傷害慰謝料,後遺障害慰謝料,後遺障害逸失利益等の各損害項目について論証した和解提案書を作成・送付し,交渉してきました。

 

 最終的に,総損害額2000万円以上の金額にて,和解することができました。

 


【弁護士の一言】
 後遺障害等級認定に関しては,後遺障害診断書の作成方法や添付する資料等により,結果が変わる可能性があります。
 また,交渉では,交渉術を用いながら,これまでの経験を踏まえてご依頼者様の利益が最大化するようお手伝いいたします。
 まずは,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信にお気軽にご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

前へ

entryの検索

関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ