ケーススタディ

2019.08.29更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 自動車を運転し左折をしようとしていたところ,対向車と接触してしまった。

 対向車の運転手は,意識不明の重体である。

 現在,逮捕されているが,身柄解放に向けて努力してほしい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

1身柄解放に向けた弁護活動

 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様の身柄解放に向けて弁護活動を開始しました。

 まず,ご依頼者様は個人で会社を経営されておりましたので,ご依頼者様の指示のもと,関係各所に連絡を行いました。

 これにより,会社の業務をスムーズに行うことができました。

 また,ご依頼者様の身柄の解放のため,ご依頼者様から詳しくご事情をお聞きした上で,「勾留請求に対する意見書」を作成し,検察庁に提出しました。

 その結果,ご依頼者様が,勾留されるのを防ぐことに成功し,身柄が解放されました。

 

 

2不起訴に向けた弁護活動

 次に,不起訴に向けた弁護活動を行いました。

 私は,担当検察官に被害者や事故状況の確認を行いつつ,不起訴意見書を作成しました。

 そして,検察庁に対し,不起訴意見書の提出を行うとともに,検察官と直接に面談し,不起訴にすべきことをお伝えしました。

 結果的に,不起訴にはなりませんでしたが,公判請求を防ぐことに成功しました(略式起訴となりました。)。

 

 

 【弁護士の一言】

 刑事事件は,スピードが命です。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

 

投稿者: 弁護士木下正信

2019.05.09更新

【ご相談の内容等】

 40代

 女性

 知人男性と飲みに行って不覚にも泥酔してしまったところ,性的な被害を受けた。

 知人男性に対し,慰謝料を請求したい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様から,事件当時の状況を詳しくお聞きするとともに,直前の相手男性とのEメールのやりとりやこれまでの関係性等を詳しくお聞きしました。

 背景事情も含めて細かく事情を把握することで,交渉を優位に進めることができるためです。

 私は,相手男性に対し,Eメールを送付する形で,慰謝料を請求しました。

 相手男性は,自身の非を認めつつも,慰謝料額の減額交渉を行ってきました。

 私は,ご依頼者様と相談の上で,早期解決のメリットや訴訟となった場合の見通しを踏まえ,訴外での解決を前提に,若干譲歩する方針としました。

 最終的に,相手男性との間で,慰謝料140万円(一括)で和解することにしました。

 ご依頼から解決まで2週間以内のケースでした。

 

 

【弁護士の一言】

 弊所には示談交渉のノウハウが蓄積しており,交渉術を踏まえ,有利に示談交渉を進めることができる場合があります。

 まずは,お気軽に横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2019.02.05更新

【ご相談の内容等】

 50代

 女性

 会社を経営しているが,会社の従業員から,店のお金を盗られた。

 警察には被害届は出しているが,なかなか,進展しない。

 加害者との示談交渉の窓口になってほしい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,警察署に連絡を行い,進捗の確認を行いました。

 併せて,加害者にも連絡を取り,こちらの主張を伝えました。

 刑事事件の捜査がなされているタイミングでは,加害者側にも,刑事処罰を免れるために示談交渉を行うインセンティブが働くことを踏まえ,ご依頼者様の主張を裏付け資料とともに,加害者に伝えました。

 最終的に,私は,ご依頼者様を代理して,加害者との間で適正な金額で示談し,示談書を取り交わしました。

 なお,示談書には,「今回問題となった行為以外に窃盗・横領等の犯罪行為が判明した場合には,ご依頼者様は加害者に対し損害賠償請求を行う権利を留保していることを確認する」という趣旨の条項を入れることで,今後の状況・進展に応じた対応ができる道を残しました。

 

 

【弁護士の一言】

 示談交渉においては,『タイミング』が重要です。

 一般的に,刑事事件の捜査中は,加害者には,不起訴処分を求めるため,示談交渉を進めるインセンティブが働きます。

 今回のケースでは,そのインセンティブを利用しつつ,示談交渉を早期に進めることができました。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.12.14更新

 

【ご依頼の内容】

 40代

 男性

 お酒に酔って,ある人に暴行をしてしまい,怪我を負わせてしまった。

 今回の場合,被害者の同意があるケースであると思う。

 ただし,怪我を負わせたのは事実なので,示談交渉をお願いしたい。

 また,逮捕を阻止してほしい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,まず,捜査機関に対し,逮捕の必要性が無いこと等を主張し,その結果,在宅事件として捜査が行われることになり,逮捕を阻止することに成功しました。

 また,当方は,被害者との間で,示談交渉を試みました。

 何度か交渉しましたが,折り合いがつかず,結局,示談交渉は決裂しました。

 もっとも,示談交渉の経過を書面にまとめ,捜査機関側に丁寧に報告するとともに,不起訴処分意見書という形で,不起訴処分が相当である旨,考えを伝えました。

 その結果,示談が成立していないにもかかわらず,不起訴処分を獲得しました。

 

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件はスピードが命です。

 弁護士に早くから相談・依頼することで,逮捕を阻止した上で,示談が成立していないにもかかわらず,不起訴処分という最善結果を獲得したケースでした。

 まずは,お気軽に横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談ください。

 

投稿者: 弁護士木下正信

2018.11.05更新

【ご相談の内容等】

 50代

 男性

 盗撮事件(迷惑防止条例違反)で,逮捕された。被害者と示談交渉をしてほしい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,被疑者に接見を行い,ご事情を詳しくお聞きしました。

 そして,被疑者は,ご自身の行為を認められたおりましたので,近親者からお金をお預かりした上で,被害者と示談交渉を行う方針としました。

 方針決定後,速やかに,被疑者にコンタクトを取り(連絡先は検察官に確認する必要がございます。),示談交渉を行いました。

 被疑者の反省の様子などをお話し,無事,被害者と示談を成功させることができました。

 示談成立について,被害者と取り交わしました示談書とともに,報告書を検察庁に送付しました。

 その結果,示談成立の翌日に,被疑者は,釈放(処分保留)されるに至りました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件は,スピードが命です。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談ください。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.09.20更新

【ご相談の内容等】

 40代

 女性

 薬物事犯で逮捕された。逮捕されてから,勤務先には連絡が出来ていない。

 身柄解放のための弁護活動を行ってほしい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様の身柄解放に向けて,活動を開始しました。

 何よりも,ご依頼者様の接見に行き,身柄解放のための弁護活動(勾留請求の却下を求める,勾留延長の阻止や保釈請求など,状況に応じて様々な手段がございます。)を行うための必要な聴き取りを行いました。

 また,ご両親に,事務所にご来所いただいた上で,逮捕される前の状況などの聴き取りをし,「陳述書」という形にまとめました。

 勾留延長の裁判に対し,私は,準抗告の申立てを行うなどしましたが,なかなか私の申立ては認められませんでした。

 もっとも,ご依頼者様は,検察官により起訴されたその日に,事前に綿密に準備を行っていた保釈請求を行い,無事,ご依頼者様の身柄解放を獲得することができました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件は,スピードが命です。

 状況に応じて,弁護士ができる活動も変わりますので,弁護士は,刻一刻と変化する状況の中で,最善の選択をして参ります。

 まずは,お気軽に横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までお問合せください。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.08.12更新

【ご相談の内容等】

 ご相談者様は,窃盗犯人として逮捕・勾留されたところ,窃盗被害場所には行った経験が一度も無く,「人違いであり,私は犯人ではない。」ということでした。

 そこで,私は,公訴事実を争い,無罪を獲得するためことを弁護活動の方針としました。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,弁護人に就任した後,ご依頼者様と弁護方針等の打ち合わせをしつつ,弁護活動にあたりました。

 検察側の裁判での主張の構造を読み解き,最高裁判例や様々な文献にあたり,弁護方針を立てていきました。

 また,検察官に対し,証拠開示を何度も求め,弁護側が有利に使うことができる証拠を提出させることに成功しました。

 無罪を争う事件ということで,公判は5回以上にわたりましたが,ご依頼者様を励ましつつ,公判に臨んでいきました。

 複数人の証人尋問が行われましたが,事前に,綿密な準備を行い,尋問に臨みました。

 

 最終的に,無罪判決を獲得することができました。

 

 

【弁護士の一言】

 日本の刑事司法において,無罪判決を獲得するのは困難と言わざるを得ない状況です。

 しかし,ご依頼者様の諦めない姿勢と粘り強い弁護活動により,無罪を獲得できたケースでした。

 まずは,お気軽に横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.18更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 国選弁護事件 大麻の不法(共同)所持により逮捕・勾留されている。

 

 

 

【弁護人選任後の弁護士の対応】

 私は,国選弁護人として選任された後,すぐさま,被疑者の接見に行きました。

 被疑者から,今回の件の内容や,ご家族の状況,職場の状況等について,詳しく聴き取りをしました。

 その上で,取り調べ時の対応のアドバイス(黙秘権,調書を訂正する権利など)を丁寧に行いました。

 また,ご家族と連絡を取り,公判請求がなされた場合には,保釈をするか否かについて,打ち合わせを行いました。

 最終的に,公判請求されることなく,処分保留にて,被疑者は,釈放されました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件はスピードが命です。

 まずは,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

 

投稿者: 弁護士木下正信

2018.03.20更新

【ご相談の内容等】

 30代

 男性

 同棲相手を殴ってしまい,逮捕された。

 早期に示談を成立させ,私の,身柄を解放してほしい【国選事件】。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,国選弁護人として選任された後,すぐ様,ご依頼者様(被疑者)の接見に行きました。

 そこで,私は,「被害者と早期に示談を成立させ,身柄解放を実現してほしい。」との被害者の意向をお聞きしました。

 被疑者のご意向を受け,被害者に連絡を取りました。

 そうしたところ,被害者としては,「積極的に被疑者の身柄解放に協力したい。」とのご意向をお持ちでした。

 そこで,被害者との間で,

 

「1  乙(被疑者)は,甲(被害者)に対し,本件について深く謝罪し,甲はこれを受け入れる。
 2  甲は,乙を許し,乙が処罰されることを望まない。
 3  甲と乙は,本示談書記載のほか,甲乙間に何らの債権債務関係が存しないことを相互に確認する。」

 

こと等を内容とする示談書を取り交わしたうえ,この示談書を検察庁に提出しました。

 

その結果,勾留後3日目で,被疑者の身柄解放に成功しました。

 

 

【弁護士の一言】

 早期の身柄解放を実現するためには,スピーディーかつ誠実に被害者等との示談交渉を行う必要がございます。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.02.08更新

【ご相談の内容等】

 40代

 女性(母)

 息子は女性と同棲していたが,同棲相手の金品を盗んだとして逮捕された。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,すぐに,ご子息様(被疑者)の接見に行きました。

 そして,私は,ご子息様より,「被害者女性と示談交渉をしてほしい。」とのご意向を伺いました。

 また,私は,ご子息様に対し,反省文を書くようお願いをし,白紙の差し入れを行いました(反省文は,後日,お預かりしました。)。

 ご子息様のご意向を受け,ご依頼者様(母)より示談交渉のために金員をお預かりしたうえ,被害者女性と示談交渉を開始しました。

 示談交渉においては,私は,被害者に対し,ご子息様の書いた反省文を提示しつつ,示談金を支払う意向がある旨をお伝えし,できる限り,誠意ある対応を心掛けました。

 その結果,無事,被害者女性と示談することができ,示談書を取り交わしました。

 その示談書と反省文を検察庁に提出した結果,ご子息様は不起訴処分となりました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件はスピードが命です。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士の木下正信までご相談くださいませ。

 

 

投稿者: 弁護士木下正信

前へ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ