弁護士コラム

2022.07.14更新

弁護士の木下です。

 

このたび、弊所は、令和4年7月19日(火)より、
関内・馬車道オフィスを下記に移転することとなりました。
今後とも一層のご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

 

【移転後の新事務所―関内オフィス】
〒231-0013
横浜市中区住吉町1丁目12番1号 belle横浜702


※電話番号・FAX番号に変更はございません。

 

※移転後の新事務所は、旧事務所(現在の事務所)から徒歩6分程度の場所にございます(横浜スタジアム付近です。)。
※JR関内駅から5分程度、市営地下鉄ブルーライン関内駅から徒歩5分程度、みなとみらい線馬車道駅から徒歩10分程度の立地です。

投稿者: 弁護士木下正信

2022.03.29更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

法学教室2022年3月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

◆特集 「法主体」を考える
人についての2層の議論

 

Ⅰ 人と国籍
憲法学における「法主体」

越境移動の時代における国籍と人間――無国籍者・「難民」の取扱いを中心に

 

Ⅱ 死者
法主体としての死者を考える

死んだ著作者の残したものは

 

Ⅲ 個人でないもの
行政事件訴訟において「公益」を実現する法主体――最近の事例を素材として

「法存在」と「法主体」――現代科学技術社会における刑事責任の分配を手掛かりに

 

◆講座
憲法 教科書のその先へ〔第24回・最終回〕
人身の自由と被拘禁者の権利保障

 

新年度も,頑張っていきたいと思います!

 

投稿者: 弁護士木下正信

2022.03.29更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2022年2月号(有斐閣)を学習しました。

 

◆特集2 宇宙と法学


1 行政法学から見た宇宙法

2 宇宙有人飛行と国際公法

3 スペースデブリで問われる宇宙の環境法

4 宇宙探査と宇宙資源開発の法

 

憲法 教科書のその先へ〔第23回〕

「財産権」

 

 

 暖かい日も増えてきました。春に向けて頑張っていきたいと思います!

投稿者: 弁護士木下正信

2022.01.28更新

横浜〈馬車道・関内〉の弁護士法人なかま法律事務所の弁護士木下正信です。

 

弊所関内馬車道オフィスのFAX番号が,令和4年2月1日より変更となりますので,ご連絡いたします。

 

新たなFAX番号は,以下のとおりです。

 

【変更後のFAX番号:045-330-4908】

 

※なお,事務所所在地及び電話番号に変更はございません。

投稿者: 弁護士木下正信

2022.01.28更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2022年1月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

 ◆特集 条文から見る刑事訴訟法と憲法の関係

 

 

Ⅰ令状主義

 

Ⅱ 弁護人依頼権と接見交通権

 

Ⅲ 裁判の公開

 

Ⅳ 自白法則

 

Ⅴ 証人審問権と伝聞法則

 

●憲法 教科書のその先へ
 職業の自由

 

●【判例セレクトMonthly】
〔憲法〕退去強制の執行と裁判を受ける権利(東京高判令和3・9・22)

〔行政法〕被災者生活再建支援金支給決定取消しの適法性(最判令和3・6・4)

〔商法〕少数株主締出しを目的とする株式併合と株主平等原則・不当決議(札幌地判令和3・6・11)

〔民訴法〕免責を受けた債務者の相続人が担保不動産競売において買受け申出することの可否(最決令和3・6・21)

〔民訴法〕懲罰的損害賠償が含まれる外国判決に対して弁済があった場合の執行判決を求めることができる範囲(最判令和3・5・25)

〔刑法〕自転車の一時使用について占有離脱物横領罪の成立が認められた事例(福岡高判令和3・3・29)

〔刑訴法〕被害者の員面調書につき,同人の供述拒否等により法321条1項3号にあたるとされた事例(宇都宮地足利支判令和3・3・17)

 

 

 

本年〔令和4年〕も,よろしくお願いいたします。

投稿者: 弁護士木下正信

2021.12.26更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2021年12月号(有斐閣)を学習しました。

 

◆特集1 公務員という仕事
市役所職員

県庁職員

中央省庁職員

労働基準監督官

国税専門官

裁判所書記官

家庭裁判所調査官

刑務官

 

◆特集2 判例の読み方を身につける


1 判例と評釈,その読み方と探し方

2 インスリン不投与事件判例を読む

3 詐欺罪の最高裁判例を読む――暴力団員によるゴルフ場利用事案

 

 

【判例セレクトMonthly】

〔憲法〕「表現の不自由展かんさい」利用承認取消しの効力停止決定(大阪地決令和3・7・9)

〔行政法〕「表現の不自由展かんさい」開催にかかるギャラリー利用承認の取消処分執行停止事件(大阪地決令和3・7・9)

〔商法〕事業活動の期待できない株式会社の解散事由(東京地判令和2・6・22)

〔民訴法〕遺言有効確認の訴えの提起が信義則に違反しないものとした事例(最判令和3・4・16)

〔刑法〕住居の敷地と住居侵入罪の客体(大阪高判令和3・7・16)

〔刑訴法〕違法収集証拠の主張があった場合の収集手続の違法の判断(最判令和3・7・30)

 

 

本年〔令和3年〕も残すところ僅かとなりました。明年も,よろしくお願いいたします。

投稿者: 弁護士木下正信

2021.12.26更新

 

  横浜〈馬車道・関内〉のなかま法律事務所の弁護士木下正信です。

 

  誠に恐れ入りますが,弊所では,下記の期間を冬季(年末年始)休業とさせていただきます。

 

  ■令和3年12月29日(水)から令和4年1月4日(火)まで

 

  ご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

 ※休業期間に頂戴したご連絡等には,令和4年1月5日(水)以降,順次対応させていただく予定です。

投稿者: 弁護士木下正信

2021.11.30更新

 

 

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

法学教室2021年11月号(有斐閣)を学習しました。

 

◆特集 条文で学ぶ民事訴訟法
Ⅰ 補助参加(42条)
Ⅱ 将来給付の訴えの利益(135条)
Ⅲ 重複起訴の禁止(142条)
Ⅳ 釈明権(149条)
Ⅴ 文書提出命令(220条)
Ⅵ 和解の効力(267条)


◆講座
憲法 教科書のその先へ〔第20回〕
表現の自由(6)――表現等への政府援助とパブリック・フォーラム論

 

本年〔令和3年〕も残すところ1ヶ月となりました。ラストスパート、頑張っていきます。

 

 

 

 

 

投稿者: 弁護士木下正信

2021.10.28更新

 

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

法学教室2021年10月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

◆特集1 条文から考える会社法の基本問題
Ⅰ 会社の目的

Ⅱ 利益供与――会社法120条を中心に

Ⅲ 株主総会および取締役会決議における特別利害関係の意義

Ⅳ 会社の業務執行

Ⅴ 不公正な新株発行に係る規律

Ⅵ 組織再編行為・締出しに際する株式買取請求権

 

 

◆特集2 経済法は楽しい
1 不当な取引制限――AIはカルテルをすることができるのか

2 私的独占・不公正な取引方法――データやネットワーク効果はどのようにして競争を損なうのか

3 優越的地位の濫用――デジタル・プラットフォーム事業者への個人情報の提供は独禁法によりどのように規制されるのか

4 企業結合規制――Yahoo!ニュースとLINE NEWSの統合やPayPayとLINE Payの統合は問題ないのか

 

 

今年(令和3年)も残すところ2カ月ですが,頑張っていきます!

 

 

 

 

投稿者: 弁護士木下正信

2021.09.30更新

 

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

 法学教室2021年9月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

Ⅰ 行政法規範の種類と意義

Ⅱ 委任立法――ゆだねるものとゆだねられるもの

Ⅲ 条例についての個別法の定め――個性発揮の手掛かり?それとも

Ⅳ 行政裁量と条文・行為形式

Ⅴ 行政事件訴訟法36条――無効等確認訴訟の提起に関する要件

 

令和3年9月も終わりですが,頑張っていきます!

投稿者: 弁護士木下正信

前へ

entryの検索

カテゴリ

関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ