弁護士コラム

2021.03.31更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2021年3月号(有斐閣)を学習しました。

 

今月の◆特集は,「 新型コロナウイルス感染症と法の役割」でした。

 

Ⅰ 〔行政法〕「自粛」や「要請」の意味

 

Ⅱ 〔民法〕新型コロナウイルス感染症の契約関係への影響と契約法

 

Ⅲ 〔商法〕新型コロナウイルス感染症とコーポレート・ガバナンス

 

Ⅳ 〔国際法〕感染症のグローバル・ガバナンス――世界保健機関(WHO)事務局長の権能とその統制

 

Ⅴ 〔労働法〕テレワークの拡大と働く「場所」・「時間」

 

Ⅵ 〔憲法〕感染者差別について考える

 

Ⅶ 〔法哲学〕感染対策か経済活動か――費用便益分析と契約主義 

 

本記事作成時点(令和3年3月31日)で,全世界的に猛威を振るい続けているコロナウイルス感染症が提起する法律問題について,理解を深めることはできました。

政府は,「テレワーク」の導入を推し進めておりますが,仕事が私的生活への侵襲してしまう側面があり,適切な法規制が必要であることを再認識しました。

 

 春本番といった日々が続いておりますが,頑張っていきます!

 

投稿者: 弁護士木下正信

2021.02.21更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2021年2月号(有斐閣)を学習しました。

 

今月の特集は,◆特集1 令和元年改正から見た会社法の基本問題◆特集2 倒産法の勘どころの2つでした。

 

◆特集1 令和元年改正から見た会社法の基本問題
Ⅰ 株主総会運営のデジタルトランスフォーメーション

 

Ⅱ 社外取締役の設置強制と役割

 

Ⅲ 取締役の報酬

 

Ⅳ 会社補償・D&O保険

 

Ⅴ 社債の管理

 

Ⅵ 株式交付

 

 

◆特集2 倒産法の勘どころ
1 倒産手続における担保権

 

2 否認権

 

3 破産債権と財団債権

 

4 消費者倒産――人生100年時代の生計と破産

 

全ての論文ともに,「かゆい」ところに配慮がされており,興味深く読み進めることができました。

とりわけ,「Ⅱ社外取締役の設置強制と役割」における,紆余曲折を経ての社外取締役の導入経緯は,法改正の際の白熱した綱引きの様子につき理解を深めることができました。

また,「1倒産手続における担保権」により,破産手続,再生手続,更生手続の制度趣旨を踏まえた相違点について理解を深めることができました。

さらに,「2 否認権」に関する論文は,債権法改正により足並みがより揃えられた詐害行為取消権の進んだ理解に有益でした。

 

 

 

今月も,頑張っていきます!

 

投稿者: 弁護士木下正信

2021.01.24更新

 

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

法学教室2021年1月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

1 特集

 今月号の特集は「法学だって,仕事に活かせる。」でした。

具体的には,

Ⅰ 〈対談〉
社会における法学部人材の意義とは

 

Ⅱ この業界,法学部人材が欠かせません!
(金融,メーカー,インフラ・サービス,情報通信)

 

Ⅲ 他分野からみた法学の強さ

という内容でした。

 

法学が,金融業界,メーカー,インフラサービス,情報通信等の各業界にて,どのような形で活かされているかについて,学ぶことができました。

 

2【憲法】教科書のその先へ

第10回のテーマは,「個人の尊重と生命,自由及び幸福追求に対する権利(1)」でした。

言うまでも無く,個人の尊重原理を定める憲法13条は,憲法の中にあって,最も重要な条文です。

憲法13条に関わる幸福追求権の解釈には,例えば,人格的利益説や一般的行為自由説等,諸説あるところです。

本論文を通して,従来から主張されてきた人格的利益説や一般的行為自由説の相違点や,近時,主張されている,「違憲の強制」からの自由と構成する見解,「切り札」としての権利と構成する見解等について理解を深めることができ,また,判例の立場を掘り下げて理解することができました。

 

 

  

今月も,頑張っていきます!

 

投稿者: 弁護士木下正信

2020.12.12更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 

 

法学教室2020年12月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

 

1 特集

 

 今回の特集1は「 刑事公判の実務と理論」でした。

 

具体的には,

Ⅰ 被告人の身体拘束――勾留と保釈

Ⅱ 公判前整理手続

Ⅲ 刑事免責…井上和治

Ⅳ 概括的認定・択一的認定

Ⅴ 量刑と余罪

 

でした。

 

 

 

 どの論文も,実務的な問題を扱っており,参考になりましたが,

 

とりわけ,平成28年刑訴法改正により導入された刑事免責制度のに関するⅢの論考は,刑事免責導入の背景や実務上発生し得る問題点に関する鋭い考察があり,勉強になりました。

 

 

 

 

 

2刑法事例の歩き方――判例を地図に

 

 第19回のテーマは,文書偽造と詐欺罪における「財産上の損害」でした。

文書偽造罪や詐欺罪は,近時,重要判例が多数出ていますが,処罰範囲が拡大することについて,一定の懸念も示されているところです。

本論考を読むことで,文書偽造罪における「偽造」や詐欺罪における「財産上の損害」の解釈論について,理解を深めることができました。

 

 

 

今月も,頑張っていきます!

 

 

 

 

 

投稿者: 弁護士木下正信

2020.11.27更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2020年11月号(有斐閣)を学習しました。

 

 【特集】

今回の法学教室の特集は,「行政法学習の開拓線」でした。

具体的には,

 

Ⅰ 行政法における私人――行政法学習の「脇役」?

 

Ⅱ 行政機関個人情報保護――行政情報法は,情報公開だけじゃない!

 

Ⅲ 租税,罰金以外の行政上の義務履行確保に係る金銭賦課の類型と論点

 

Ⅳ 法定外抗告訴訟の現在

 

Ⅴ 仮の救済――民事訴訟と国家補償も見渡して

 

Ⅵ 自治体関係訴訟――制度と意義

というテーマの論文でした。

行政訴訟などはなかなか馴染みがないのですが,受験時代に得た知識を思い出しながら,読み進めました。

 

  

今月も残りわずかですが頑張ります!

投稿者: 弁護士木下正信

2020.10.18更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2020年10月号(有斐閣)を学習しました。

 

1 特集

今回の法学教室の特集は,「◆創刊40周年記念特集 月刊法学教室 40年の歩み」そして,法学教育のこれからと,これからの「法学教室」をテーマとした座談会でした。

受験生の時にも法学教室にはお世話になりましたが,実務家となって,喫緊の法律改正や判例等をキャッチアップするために大変役立っています。

法学教室の歴史を知り,感慨深いものがありました。

また,withコロナ時代の法学教育について考えさせられました。

 

 

2刑法事例の歩き方――判例を地図に

 第18回のテーマは,「窃盗罪における不法領得の意思」でした。

 事例分析のための肝となる点について,理解を深めることができました。

 

 今月も,頑張っていきます!

投稿者: 弁護士木下正信

2020.09.06更新

 横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

法学教室2020年9月号(有斐閣)を学習しました。

 

1 特集

 今回の特集「 民事訴訟手続きの流れ」でした。

具体的には,

Ⅰ 送達

Ⅱ 期日における当事者の欠席

Ⅲ 争点及び証拠の整理手続

Ⅳ 自由心証主義

Ⅴ 書証

Ⅵ 訴訟上の和解

 でした。

 

 

実務を通して,とりわけ,送達,争点及び証拠の整理手続,書証,訴訟上の和解などの手続きの重要性を感じています。

条文や基本的な判例を踏まえ,より具体的に「手続」を理解することができました。

 

 

2刑法事例の歩き方――判例を地図に

 第17回のテーマは,「窃盗罪と詐欺罪の区別と符合」でした。

 

 窃盗罪と詐欺罪は,主として「財物の占有移転の有無」で区別されることになりますが,財物の占有移転の時期は,財物の形状,財物搬出の容易性,占有者の支配の程度により変化し得るため,類似の事案であっても,状況が少しでも異なれば結論が反対になることがあるところです。

 

 事例分析のための肝となる点について,理解を深めることができました。

 

 今月も,頑張っていきます!

投稿者: 弁護士木下正信

2020.08.03更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です

 

法学教室2020年8月号(有斐閣)を学習しました。

  

1 特集1&2

 今回の特集1は「 情報法というフロンティア」でした。

具体的には,

Ⅰ 安全とプライバシー

Ⅱ 公的部門のデータ保護と利活用

Ⅲ デジタル・ジャーナリズムと放送

Ⅳ 通信制度

Ⅴ インターネット上の表現行為と媒介者の責任

Ⅵ デジタル時代における知財政策

Ⅶ 情報法と競争法の相互作用――プラットフォームビジネスに対する規制の視点

Ⅷ AIと契約,不法行為,人格権

 

 

  特集2は,「エンタメ法っておもしろい!」でした。

具体的には,

1 漫画・アニメ・ゲームの「キャラクター」をめぐる法律問題

2 映像・音楽のネット配信をめぐる法律問題

3 芸能人と芸名をめぐる法律問題

4 eスポーツをめぐる法律問題

5 音楽教室等における著作物の実演をめぐる法律問題

 

 とりわけ,特集1における「AIと契約,不法行為,人格権」という内容が示唆に富んでいました。すなわち,民法等の法律は,これまで,自然人や法人を権利義務を享受する主体として考えてきましたが,「AI」の発達により,これまでの権利義務論ではとらえきれない事態が発生していく可能性があります。AI自体が契約当事者になることはできるのか,AIが名誉を傷つけられた場合に,自然人と同様の名誉毀損のルールは妥当するのか(妥当させていくべきなのか)等の問題が近い将来発生していくと考えられます。現行法制を振り返る良い機会となった上,今後のAI法制を考える良い題材となりました。

 

 

2刑法事例の歩き方――判例を地図に
 第16回のテーマは「2項犯罪――強盗利得罪を中心に」でした。

 2項犯罪については,「どの行為を切り取るべきか」の判断で迷うことも少なくなく,今回の論文により分析の視座を整理することができました。

 

 今月も,頑張っていきます!

投稿者: 弁護士木下正信

2020.07.02更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 

 法学教室2020年7月号(有斐閣)を学習しました。

 

 

1特集

 今回の◆特集は「 民法の重要論点を解きほぐす」でした。

具体的には,

Ⅰ   相続による権利承継の対抗要件
Ⅱ  不当利得の一般規定と類型論
Ⅲ 債権譲渡制限特約を譲受人に対抗しうる場合の法律関係
Ⅳ 保証人に対する情報提供義務
Ⅴ  委任と代理
Ⅵ 純粋経済損失と不法行為法

 

という内容でした。

 

とりわけ,債権法改正で保証のルールに重要な変更がなされたことを踏まえ,「Ⅳ保証人に対する情報提供義務」の論文は重要であると感じました。

 

 

2知的好奇心を刺激する民事訴訟法

 今回のテーマは,「訴え(その2)」でした。

 訴えについては,民事訴訟法の基本の「キ」ではあるものの,受験生の時とは異なり,実務を通して執行関係や,二重起訴の禁止(民事訴訟法142条)背景・持つ意味を実感していたことから,とても興味深く読むことができました。

 

 

3刑法事例の歩き方――判例を地図に
 第15回のテーマは「事後強盗罪」でした。

 

 体系的な法規範の理解と,事案分析は車の両輪であることを再認識しました。

 

 今月も,頑張っていきます!

 

投稿者: 弁護士木下正信

2020.06.05更新

横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信です。

 


法学教室2020年6月号(有斐閣)を学習しました。

 


1特集1
今回の特集1は,「国家的法益に対する罪の論点」でした。

具体的には,

Ⅰ 公務執行妨害罪の論点
Ⅱ 犯人蔵匿等罪の論点
Ⅲ 証拠隠滅等罪の論点
Ⅳ 偽証罪・虚偽告訴罪の論点
Ⅴ 司法に対する罪の共犯関係・親族関係
Ⅵ 賄賂罪における「職務に関し」の意義

という内容でした。

 

 刑法というと,人を殺した場合の殺人罪(刑法199条)や,窃盗罪(刑法235条)や詐欺罪(246条)等の財産犯に目がいきがちですが,国家的法益に関する罪は,日常生活においてしばしば問題となり得る(例えば,デモ行進を行った際に,警察官に対し暴行を加えた場合には公務執行妨害罪が問題となり得る)ところです。論点を整理し,理解を深めることができました。
 

 

2時の問題 新型コロナウイルスの感染拡大と労働法上の諸問題
 時の問題として,「新型コロナウイルスの感染拡大と労働法上の諸問題」に対する論考がありました。

 解雇・雇止め等の法規制,休業手当と雇用調助成金,テレワークと労働時間の管理について,具体的な対応策や問題点を整理することができました。

 とりわけ,テレワークと労働時間の管理については,その必要性が指摘されつつも,

「テレワークガイドラインでは,できるだけ労働時間が当事者によって恣意的に操作されないよう,客観的な把握をするように求めている。しかし,このやり方に従ったとしても,例えばパソコンのログインをせずに仕事をして労働時間を過少報告したり,逆にログインして仕事をしているように見せかけながらパソコンの前で携帯ゲームをするなどの,労働者による不正は防ぎきれない。また他方,使用者からの圧力で,労働者がやむを得ず実際の労働時間よりも短く申告した場合には,在宅労働であれば全て自宅の中の出来事なので,事後に不正があったことを証明するのは簡単ではないだろう。テレワークは,オフィスや工場での労働に比べて,労働時間の客観的な把握が極めて難しい働き方と言わざるを得ないのである。」との問題点が指摘されていました。

 従来の労働者概念で捉えきることが可能かも含めて,今後も検討していきたいと思います。

 



3刑法事例の歩き方――判例を地図に
 第14回のテーマは「強盗致死罪」でした。時系列を整理し,事実関係を丁寧に分析すること,犯罪構成要件の趣旨・要件を正確に理解し,その物差しを踏まえた検討を行うことの重要性を再認識しました。


今月も,頑張っていきます!
 

投稿者: 弁護士木下正信

前へ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ