ケーススタディ

2018.06.18更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 国選弁護事件 大麻の不法(共同)所持により逮捕・勾留されている。

 

 

 

【弁護人選任後の弁護士の対応】

 私は,国選弁護人として選任された後,すぐさま,被疑者の接見に行きました。

 被疑者から,今回の件の内容や,ご家族の状況,職場の状況等について,詳しく聴き取りをしました。

 その上で,取り調べ時の対応のアドバイス(黙秘権,調書を訂正する権利など)を丁寧に行いました。

 また,ご家族と連絡を取り,公判請求がなされた場合には,保釈をするか否かについて,打ち合わせを行いました。

 最終的に,公判請求されることなく,処分保留にて,被疑者は,釈放されました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件はスピードが命です。

 まずは,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

 

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.18更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 国選弁護事件 大麻の不法(共同)所持により逮捕・勾留されている。

 

 

 

【弁護人選任後の弁護士の対応】

 私は,国選弁護人として選任された後,すぐさま,被疑者の接見に行きました。

 被疑者から,今回の件の内容や,ご家族の状況,職場の状況等について,詳しく聴き取りをしました。

 その上で,取り調べ時の対応のアドバイス(黙秘権,調書を訂正する権利など)を丁寧に行いました。

 また,ご家族と連絡を取り,公判請求がなされた場合には,保釈をするか否かについて,打ち合わせを行いました。

 最終的に,公判請求されることなく,処分保留にて,被疑者は,釈放されました。

 

 

【弁護士の一言】

 刑事事件はスピードが命です。

 まずは,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

 

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.15更新

【ご相談の内容等】

 40代

 男性

 10年以上前の債務について,債権回収会社から支払督促の申立てを受け,裁判所から書類が届いた。

 どのように対応してよいか,わからない。

 

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けたその日のうちに,支払督促に対し異議の申立てを行うとともに,相手会社(債権回収会社)に対し,内容証明郵便により時効援用の主張を行いました。

 その結果,相手会社は,裁判所に対する申立てを,間もなく,取り下げました。

 解決まで,わずか,1週間のケースでした。

 

 

 

【弁護士の一言】

 民法や最高裁判例の考え方によれば,時効期間を経過していたとしても,時効援用の意思表示をしなければ,消滅時効による債務消滅の効果は発生しません。

 そこで,内容証明郵便などにより債権回収会社に対し,明確に時効援用の主張をすることが有効な場合がございます。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.15更新

【ご相談の内容等】

 40代

 男性

 10年以上前の債務について,債権回収会社から支払督促の申立てを受け,裁判所から書類が届いた。

 どのように対応してよいか,わからない。

 

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けたその日のうちに,支払督促に対し異議の申立てを行うとともに,相手会社(債権回収会社)に対し,内容証明郵便により時効援用の主張を行いました。

 その結果,相手会社は,裁判所に対する申立てを,間もなく,取り下げました。

 解決まで,わずか,1週間のケースでした。

 

 

 

【弁護士の一言】

 民法や最高裁判例の考え方によれば,時効期間を経過していたとしても,時効援用の意思表示をしなければ,消滅時効による債務消滅の効果は発生しません。

 そこで,内容証明郵便などにより債権回収会社に対し,明確に時効援用の主張をすることが有効な場合がございます。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.04更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 夫とは別居中で,その代理人弁護士から,面会交流を求める通知書等が届いているが,うまく対応できていない。

 夫とは離婚も含めて考えており,今後の対応を含めてお願いしたい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,相手方代理人に連絡をとり,面会交流の日程等の調整を行いました。

 併せて,同時並行的に,裁判所に対し,離婚調停の申立てを行い,話し合いのフィールドを裁判所に移しました。

 もっとも,相手方代理人と連絡を密にとるとともに,交渉を行った上で,離婚条件を詰めていきました。

 離婚調停の場合,調停期日が平均「3回~5回」重ねられることが多い印象ですが,今回のケースは,相手方代理人との調停期日間の連絡・交渉が功を奏し,わずか2回の調停期日で,適正な条件(ご依頼者様が親権者となり,適正な養育費額等。)離婚調停を成立させることができました。

 ご依頼から解決まで,3か月程度のケースでした。

 

 

【弁護士の一言】

 離婚問題の場合,しばしば熾烈な感情の対立が起こる場合がありますが,弁護士が間に入り,また,調停等の裁判所の制度を利用することで,冷静に話し合いが進められる場合がございます。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.06.04更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 夫とは別居中で,その代理人弁護士から,面会交流を求める通知書等が届いているが,うまく対応できていない。

 夫とは離婚も含めて考えており,今後の対応を含めてお願いしたい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,相手方代理人に連絡をとり,面会交流の日程等の調整を行いました。

 併せて,同時並行的に,裁判所に対し,離婚調停の申立てを行い,話し合いのフィールドを裁判所に移しました。

 もっとも,相手方代理人と連絡を密にとるとともに,交渉を行った上で,離婚条件を詰めていきました。

 離婚調停の場合,調停期日が平均「3回~5回」重ねられることが多い印象ですが,今回のケースは,相手方代理人との調停期日間の連絡・交渉が功を奏し,わずか2回の調停期日で,適正な条件(ご依頼者様が親権者となり,適正な養育費額等。)離婚調停を成立させることができました。

 ご依頼から解決まで,3か月程度のケースでした。

 

 

【弁護士の一言】

 離婚問題の場合,しばしば熾烈な感情の対立が起こる場合がありますが,弁護士が間に入り,また,調停等の裁判所の制度を利用することで,冷静に話し合いが進められる場合がございます。

 まずは,お気軽に,横浜〈馬車道・関内〉の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

entryの検索

月別ブログ記事一覧

関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ