ケーススタディ

2018.05.14更新

【ご相談の内容等】

 40代

 男性

 自宅の売却を考えているが,余分な仮登記が自宅の土地についており,このままでは自宅の売却が困難である。

 そこで,速やかに,仮登記を抹消したい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,仮登記を付した相手会社に対し,内容証明郵便を発送しました。

 しかしながら,相手会社との交渉が困難なことが判明したため,ご依頼者様とご相談の上で,すぐさま,訴訟提起に踏み切りました。

 ご依頼者様の意向は「できる限り,速やかに解決したい。」というものでしたので,弁論を早期に終結できるように,証拠関係を整理し,主張を行いました。

 今回の問題となっている土地の状況についても,現地調査を行い,報告書にまとめて裁判所に提出しました。

 最終的に,こちらの主張が認められ,仮登記の抹消を認める判決を獲得しました。

 

 

【弁護士の一言】

 早期に訴訟提起に踏み切ったことが功を奏したケースでした。

 弁護士は,訴訟に精通しておりますので,訴訟のメリット・デメリットを踏まえ,訴訟にメリットがあるケースと考える場合には,速やかに,訴訟提起を行います。

 まずは,お気軽に,横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.05.14更新

【ご相談の内容等】

 40代

 男性

 自宅の売却を考えているが,余分な仮登記が自宅の土地についており,このままでは自宅の売却が困難である。

 そこで,速やかに,仮登記を抹消したい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,仮登記を付した相手会社に対し,内容証明郵便を発送しました。

 しかしながら,相手会社との交渉が困難なことが判明したため,ご依頼者様とご相談の上で,すぐさま,訴訟提起に踏み切りました。

 ご依頼者様の意向は「できる限り,速やかに解決したい。」というものでしたので,弁論を早期に終結できるように,証拠関係を整理し,主張を行いました。

 今回の問題となっている土地の状況についても,現地調査を行い,報告書にまとめて裁判所に提出しました。

 最終的に,こちらの主張が認められ,仮登記の抹消を認める判決を獲得しました。

 

 

【弁護士の一言】

 早期に訴訟提起に踏み切ったことが功を奏したケースでした。

 弁護士は,訴訟に精通しておりますので,訴訟のメリット・デメリットを踏まえ,訴訟にメリットがあるケースと考える場合には,速やかに,訴訟提起を行います。

 まずは,お気軽に,横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.05.14更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 勤務先で,パワハラを受けて,精神的に職場に通えなくなってしまった。

 会社に対し,慰謝料請求を行いたい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様のお話を丁寧にお聞きした上で,相手会社に対し,内容証明郵便を発送しました。

 そうしたところ,相手会社の担当者から,私に対し,連絡を頂戴することができ,電話及び面談にて交渉を行いました。

 相手会社の意向も踏まえつつ,一方で,裁判も辞さない態度で交渉を続けました。

 最終的に,慰謝料や休業損害等も踏まえ,相手会社がご依頼者様に対し,「解決金90万円」を支払うことで和解することに成功しました。

 

 

【弁護士の一言】

 交渉は「なまもの」であり,一つとして同じ交渉は存在しません。

 弁護士の仕事では,相手から譲歩を引き出しつつ,また,場合によってはご依頼者様にも一部譲歩して頂き,最終的に,ご依頼者様の利益を最大化することが大事だと考えております。

 まずは,横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

2018.05.14更新

【ご相談の内容等】

 30代

 女性

 勤務先で,パワハラを受けて,精神的に職場に通えなくなってしまった。

 会社に対し,慰謝料請求を行いたい。

 

 

【ご依頼後の弁護士の対応】

 私は,ご依頼を受けた後,ご依頼者様のお話を丁寧にお聞きした上で,相手会社に対し,内容証明郵便を発送しました。

 そうしたところ,相手会社の担当者から,私に対し,連絡を頂戴することができ,電話及び面談にて交渉を行いました。

 相手会社の意向も踏まえつつ,一方で,裁判も辞さない態度で交渉を続けました。

 最終的に,慰謝料や休業損害等も踏まえ,相手会社がご依頼者様に対し,「解決金90万円」を支払うことで和解することに成功しました。

 

 

【弁護士の一言】

 交渉は「なまもの」であり,一つとして同じ交渉は存在しません。

 弁護士の仕事では,相手から譲歩を引き出しつつ,また,場合によってはご依頼者様にも一部譲歩して頂き,最終的に,ご依頼者様の利益を最大化することが大事だと考えております。

 まずは,横浜<馬車道・関内>の弁護士木下正信までご相談くださいませ。

投稿者: 弁護士木下正信

関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?

お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ
関内・桜木町・馬車道で弁護士をお探しの方へ

関内・桜木町・馬車道で
弁護士をお探しの方へ

今、あなたが抱えているお悩みを相談できる人はいますか?お話の内容が法律問題かどうかわからなくても構いません。

どうぞお気軽に木下正信弁護士へお話に来てください。

メールお問い合わせ